ドッグフードは調べれば調べるほど深みにはまる

 

ドッグフードに関して悩んでいる人は多いかもしれません。悩んで色々と調べてみると、色々なことがドッグフードについて書かれています。結果として深みにはまって、何が良いのか分からなくなるのです。ドッグフードで一番に考えるべきなのは愛犬の健康です。バランスが良い食事を考えていくと、色々なものがあります。しかし、食べてくれなければ意味がありません。食い付きが良いドッグフードを選ぶ必要もあるのです。

 

ただ、食い付きがいいと評判のドッグフードも少なくありません。評判になっているとしても実際に使ってみないと分からないかもしれません。そんなときに役立つのが少量で売っているドッグフードです。いくら調べても判断がつかないときには愛犬に与えてみましょう。そんなときに少量で販売しているドッグフードなら試しやすいです。10kgでしか販売していなければ、なかなか手が出ないです。

 

また、他にドッグフードで悩む点としては栄養素のバランスでしょう。ドッグフードはバランスよく配合されていることが重要です。ドッグフードのみで栄養を摂取すると考えれば、栄養素が揃っていることは必須です。ただ、日本で飼われている室内犬は海外の大型犬とは必要としている栄養素は違うでしょう。海外産の素晴らしいドッグフードが日本のわんちゃんに合うとは限らないのです。外国産のドッグフードを選ぶときにはその点を注意する必要があります。栄養素で悩んでいるのであれば、日本のワンちゃんに合う配分で含まれていることをチェックしましょう。

 

悩むなら試してみると違いがわかる

 

ドッグフードは商品説明を読むだけでは最終的な判断ができないことも多いです。買ってみたら愛犬が食べてくれるとは限らないからです。そこで大事になるのは実際に買って試してみることです。試してみると、食い付きや合っているかなども分かります。
試しやすいドッグフードであれば買うのも難しくないです。高級で容量が多いドッグフードだと試すのは難しいです
が、少量のものなら試しやすいでしょう。

ドッグフードの口コミで多い悩みの解消法

ドッグフードの口コミで多い悩みは食欲がないことドッグフードを選ぶときに多い悩みとして、食欲がないというものが多いです。口コミではわんちゃんがドッグフードを食べなくて困っているというものが少なくありません。食欲不振の原因を突き止めないと、回復しにくい問題です。

 

食欲不振の原因

 

食欲が減退している

食欲不振と思っていても違う場合もあります。年齢によって食事の量が減ることがあるからです。わんちゃんはいつも同じ量を食べるわけではありません。いつもと同じ食事をあげて、食べないからといって食欲不振にはならないです。また、年齢と共に食事の量が減るケースも少なくありません。食欲が減退していることを理解して、愛犬に合わせた食事の量をあげましょう。

 

フードジプシーになっている

健康に熱心な飼い主がなりやすいのがフードジプシーです。フードジプシーはドッグフードにこだわるあまり、ドッグフードをすぐに変えてしまうことです。わんちゃんにとっては食事が変わるとストレスになることもあります。ドッグフードは成分が違いますので、羊肉から魚になることもありえます。味が違うと食事に違和感を感じて食欲がなくなってしまうのです。そのような状況が何度も続くと、フードストライキを起こすワンちゃんもいます。フードストライキを起こすと、どんなに美味しいドッグフードを与えても食べてくれなくなります。人間は毎日同じ食事をしない人も多いですが、わんちゃんは同じ食事をしたいと考える子が多いです。その点を勘違いしていると、食欲不振に繋がるでしょう。

ドッグフードの選び方を間違えている

実はドッグフードの選び方を間違えているという人も少なくありません。分かりやすい例だと小型犬に大型犬用の食事を与えているなどです。小型犬にしてみればドッグフードの大きさが違うため、食べにくくてしょうがないのです。ドッグフードは栄養素や成分だけではなく、大きさなどにも注意をする必要があります。ドッグフードを食べるときに、食べにくそうにしていたら間違えているかもしれないと考えた方がいいでしょう。

人間の味を覚えてしまっている

食欲不振の原因にはドッグフード以外を食べさせているからというものがあります。人間の食べ物の味を知っているグルメなわんちゃんは、ドッグフードを嫌がる傾向があるのです。ドッグフードに比べて、人間が食べるものは味や香りが強いことが多いです。そのような食べ物に慣れてしまうと、薄い味のドッグフードには戻れなくなります。家族で人間の食べ物を与えないようにするというルールを作る必要があるでしょう。

食欲不振の悩みを解消する方法食欲不振に対する魔法の解決方法はありません。このドッグフードを食べれば全て解決するというものを探すのは困難でしょう。そこで大事になるのがわんちゃんに合わせたドッグフードを選ぶことです。その上で使い続けることです。さらに、家族でルールを作り守ることも大切です。食欲不振はワンちゃんの健康に悪影響を与える可能性がありますので、解決するために試行錯誤をする必要があります。これらのことをしても解決しなければ、獣医に相談するのも一つの手段です。

 

解決のポイント!!

・ドッグフードを選んだら使い続けてみる
・年齢や大きさに合わせたドッグフードを活用する
・家族でルールを作る
※最終的には獣医に相談して見るのも解決方法になります。

ドッグフードを選ぶポイント

ドッグフードを選ぶときには悩んでしまう人も多いでしょう。色々なドッグフードが出ているために、なかなか決められない人も少なくないです。そんなときにドッグフードのなかで見るべきポイントをまとめていきます。

 

ドッグフードで悩んだら見るべきポイント
産地

ドッグフードはどこで作られているかを見ることが大事です。外国産のドッグフードも少なくありません。外国産のドッグフードは高級なものも多いです。厳しい基準を通した商品もあります。しかし、外国産は輸入に時間がかかっているため新鮮ではありません。

 

新鮮さがドッグフードに必要と思う人は国内産を買うことをお勧めします。人間の食事では新鮮さを気にする人でもドッグフードになると、気にしない人もいるかもしれません。また、国内産のドッグフードの場合、日本のわんちゃんに合わせた配合にしている可能性も高いです。日本で食べてもらうことを前提に作っているので、国内のわんちゃんが健康でいられるように作っているのです。

 

配合成分と栄養素のバランス

配合されている成分はしっかりとチェックする必要があるでしょう。配合されている材料に対してアレルギーがあるかもしれまん。使われている肉の種類によって、愛犬の好みが分かれることもありえます。鶏肉が好きな子もいれば、羊肉が好きな子もいます。魚の方が好みだというワンちゃんもいるでしょう。

 

また、配合されている分量にも気を付けることも大切です。肉を100%使っているからといっていいドッグフードにはならないのです。ドッグフードで愛犬の栄養素を補うことを考えれば、野菜や果物なども入っていることが望ましいです。バランスが良い食事が求められるのは人間だけではありません。

 

健康を維持するのに必要なものが入っていれば、ドッグフードだけで十分な栄養素を摂取できます。

 

食いつき具合

ドッグフードを選ぶときにはわんちゃんの食いつきを重視しましょう。食い付かないドッグフードを与えてもだんだん食べなくなる可能性もあります。美味しい食事なら最初から食いつきます。愛犬がだんだん好きになるということはあまりないです。口コミを見るときは食いつきも確認しましょう。

 

食い付きが悪いという口コミがあるドッグフードはあまりわんちゃんは食べないことがあるからです。

 

匂い

匂いが良くないという口コミがあるドッグフードは注意が必要です。わんちゃんが美味しいと思うドッグフードは、人間が匂いを嗅いでも臭いとは思わないでしょう。

 

ドッグフードに対するこだわり

ドッグフードを製造している会社によっては、ドッグフードに強いこだわりがある所も少なくありません。美味しいドッグフードを届けたいと日夜努力している会社があります。こだわりがある会社のドッグフードはわんちゃんが気に入る可能性が高いです。美味しく仕上げているので、愛犬も好きになるからです。

 

 

※ドッグフードを選ぶときには以上のポイントを確認しましょう。愛犬が毎日口にするものですので、しっかりと選んであげる必要があります。わんちゃんが頼りにできるのは飼い主だけなのです。